とりちらかし

ponpo.exblog.jp
ブログトップ

熊野大社

b0060822_15581564.jpg

活動低下中です、10Dはほぼ冬眠、コンパクトデジで思い出したように撮ってます。
写真は熊野大社。
どう撮ったらいいか分からなくて、すぐ近くなのにカメラを向けのは初めて。
b0060822_16424149.jpg

CASIO EXILIM ZOOM EX-Z30 風景モード



b0060822_16451288.jpg

この時は昨日までの雪が一時晴れたものの、木に積もった雪が次々落ちてきて
時折吹雪のように辺りが見えなくなりました。
b0060822_178093.jpg


b0060822_17421931.jpg

嵐の後、、。

b0060822_1785287.jpg

b0060822_1792936.jpg

CASIO EXILIM ZOOM EX-Z30 風景モード。

一応持って行った10Dは数枚撮って、雪を避けバックの中へ、、。
ごめんね、EXILIM 。
[PR]
by ponponpopon | 2005-02-04 16:50 | 風景 秋冬 | Comments(5)
Commented by ponponpopon at 2005-02-04 17:15
一枚目、見れば見るほど合成っぽい、、。
コントラストありすぎるのかな〜。
と、自分でコメントしてみる^^;。
Commented by kiki at 2005-02-04 19:47 x
福島はほとんど毎日突風が吹いていますが、よしみさんのところも大雪で大変だと思います。大丈夫でしょうか。

>一枚目、見れば見るほど合成っぽい

私はうまく熊野大社が林にとけこんでいるように感じますけれどどうでしょうか。特に合成したような違和感はありませんよ。コントラスト高いのは雪なのである程度は仕方ないかもしれません。どうしてもということであればネガフィルムを使って階調性を整えるのは可能だと思います。

あとは時間的に可能かどうかですが、この建物がどういう向きに建っているのかわかりませんのでなんとも言えないのですが、光がこの建物の正面から斜光線で当たる時間帯をねらえばさらによくなるかもしれません。

せっかく高価な10Dお持ちなんですから、できればこれをもっと活用したいですね。レンズはとりあえずEF20-35ミリ(35ミリ換算30-52ミリ)を借りれば幅広い被写体に対応できると思います。

お写真2枚とも社の荘厳さがこちらにひしひしと伝わってくるような迫力があり構図も緻密ですばらしいです。確かに人工物と自然というのは難しいですけどうまく撮影できれば楽しいですね。
Commented by kiki at 2005-02-04 19:47 x
よしみさん、全文入らなかったので続きです。

ここですみません、日記を勝手に拝見しました。

>そうしたら撮りたい写真もかわってきた、マクロ、望遠から広角に。

なるほどよしみさんさんのお写真に最近、幅が出で来たのはこんなわけだったのですね。これは一眼レフを使用しても可能ですのでぜひやってみてください。おそらくおっしゃるとおり写真はもっと変わってくると思います。ネットの時間は作品発表と気晴らしということで短時間でということでいいのではないのでしょうか。

なんて勝手なことばかり言っていますが私はここのところ、更新停滞、写真も進歩なく停滞ということになってしまっています(泣)
Commented by kiki at 2005-02-04 22:06 x
よしみさん、一枚目 二枚目は序の口だったのですね。
うう、知りませんでした。
嵐の前、嵐、嵐の後と
うわあ、物凄い迫力です。
しかも一枚一枚が計算された物語になっています。
おそらく撮影は寒く厳しいものだったでしょう。
やはり厳しいからこそやさしさが生まれるのですね。
しかしこれはすごい構成力ですね。
全部拝見してから感想言えばよかったです。
kikiちょっと恥ずかしいです。
前の感想は一部分しか見ていなかったということでお許しくださいね♪
Commented by ponponpopon at 2005-02-05 19:11
kikiさん、返事が遅くなってごめんなさい。
ちょっと落ち着いてPCに座っていられない状況で^^;。
いつも細やかなコメント、ありがたいです。
なるほど、思ったように撮るには色々条件を整える事が必要ですね。
ネガの事、光線の事、勉強になりました。

最近はコンパクトカメラの簡便さに甘えてしまってましたね。
kikiさんに気づかせてもらいました、ありがとう。
今の時期、写真を撮りに行くのは難しいですよね。
春になった時のkikiさんの写真、楽しみにしています^^。
続き、分かりにくいですよね、しっかり見てくれてありがとう。